これからの銀行融資・資金調達

銀行から融資を受ける、資金調達して、設備投資を始め投資をすることで、企業は成長していきます。成長を志向しない企業は、現状維持は難しく、右肩下がりにならざるを得ません。ぜひ、事業拡大、右肩上がりを目指して事業計画をたてて、銀行から融資を勝ち取りましょう。

銀行の融資スタンスが変わりました!融資を受けるチャンス!

銀行の方針を決める金融庁の指導、アベノミクスでリスクマネーへの融資を行う、金融仲介機能を発揮することを、銀行は求められています。より中小企業の事業へ融資をすることを求められているのです。今まで何かが欠けていて、融資が受けられなかった企業も、チャンスが到来しています。ぜひご相談下さい。当事務所が資金調達サポートを致します。


銀行融資には税理士などアドバイザーが不可欠です!

新しい銀行融資では、事業性評価融資、ローカルベンチマークなど新しい概念が要求され、これは、詳しくない税理士事務所では対応できません。もとより、税務申告と決算報告書だけでは、銀行は十分ではないので、銀行が喜んで貸してくれる付き合い方というものもあるのです。もちろん、私たちがいなくても、できる中小企業もあるとは思いますが、事業に注力できなくなる、または、日々の事業で時間や事務仕事をする余力が乏しいのではありませんか?税理士は、有能な財務担当の職員を雇うことからすれば、5分の1で活用できます。ぜひご相談下さい。

 


無料相談できます。1時間、無料相談で、資金調達を受けるためには何が必要か、ぜひ、相談して下さい!


資金調達に大切なポイント


銀行との付き合い方を知る

銀行が求める書類とは

事業計画を立ててますか

銀行の選び方を知る

資金繰表の対応方法

計画の実行ができてますか

最初に行く時にどうするか

銀行のスタンス事情を知る

お天気任せ経営ではないか